【保存版】いつか結婚式を挙げる予定の方が知らないと損をしてしまうこと7つ。 | ウェディングソングスタジオ -結婚式に関する映像楽曲制作ならお任せください-

【保存版】いつか結婚式を挙げる予定の方が知らないと損をしてしまうこと7つ。

Pocket
LINEで送る

今回の記事に、これから結婚式を挙げる予定のある方々へ知っておいてほしいことを7つにまとめました。

この内容を知ってるか知らないかで、結婚式にかかる費用が50万以上の差が出てきます。

なぜ50万以上も予算削減できる可能性が出てくるか?

新郎新婦の皆さんは、結婚式に関する情報を知らない方が多いからです。

結婚式は新郎新婦の人生の中で、とても素晴らしい たった一度きりのイベントです。

一度きりということは皆さん、結婚式素人、未経験、初心者。

だから、完璧に当日を迎えることはとても難しいんです。

どちらにしても素晴らしい1日になることは間違いないのですが、知っておかないと大きな無駄が出たりソンをしてしまうことをまとめました。ぜひ読んでみてくださいね。

結婚式を挙げる新郎新婦が知っておかないと損をすること7つ

wedding-150713

1.クールに、冷静に決めること。

結婚式は、ほとんど新郎新婦にとって二人揃って主役になる唯一のイベントです。

女性にとっては、人生で一番 綺麗になる日。

楽しみ過ぎて、ワクワクし過ぎて、ナチュラルハイな状態になってしまう新郎新婦も多い。

とても良いことではあるのですが、結婚式は高い買いものでもあります。

高級車が買えてしまう…

クールに冷静に判断することが出来なければ、大きな無駄が出てしまいます。

2.式場契約のタイミングでは本当の見積もりは出てこない。

契約時に”これぐらいならなんとかなるか。”と考える新郎新婦はご注意を。

当初の見積もりから数十万〜百万ほど予算アップします。

しっかり頭に入れておきましょう。

3.式場契約のタイミングで諸々の交渉をしておくこと。

契約時に交渉しておくことで、式場側が用意している新郎新婦にとってマイナスなルールをなくしておくことができるかもしれません。

例えば、外注禁止や外注の際の費用(外注費)。好きなフォトグラファーがいれば、どんな写真を撮ってくれるかわからない式場のカメラマンではなく、ご自身でカメラマンを選びたいですよね。

でも「カメラマンは当社のカメラマン以外はお受けしていません。」「外注の業者を利用してもらっても良いのですが、外注費が10万かかってしまいます。」などなど…

事前に交渉しておかないと、やりたいことが制限されたり、無駄な出費がかかることが予測されます。

契約前と契約後では、融通が効く可能性が変わってきます。契約後の金銭的な交渉は、プランナーさんに対しての情や申し訳ないという気持ちも芽生え、交渉しにくくなるケースもあるので、契約前にに交渉しておくに越したことはないですね。

wedding-150713-2

4.高いから良いサービスとは限らないということ。

結婚式にかかる費用は高い。だからといってクオリティも高いとは限りません。

”結婚式は高いもの。”

”ご祝儀である程度は回収できるから新郎新婦の負担は少ない。”

このような考えは捨てましょう。

式場にものすごく高いチップを支払うようなものですよ。

5.ダラダラ準備を進めないこと。

早い段階で最終的な結婚式費用を把握するべきです。結婚式が近くなればなるほど交渉は難しくなります。

理由は時期が近づけばキャンセルできない時期(キャンセル料の発生や他の式場を見つけるのが困難)に入ってくるから。早い段階で打ち合わせがある式場もあれば、結婚式の2、3ヶ月前まではまったく動きのない式場もあります。

式場側のペースにあわせているとキャンセルできない時期があっという間にきてしまいますのでご注意を。

6.新郎は新婦に任せっきりにしないこと。

結婚式の準備においては、新婦がグリップを握り、新郎は新婦に任せっきりというケースがとても多い。

「新郎が何もやってくれない!」と、喧嘩をすることも。結婚式あるあるネタですよね。

新郎に理解しておいてほしいことは、新婦が完全にグリップを握って進めていく状態だと、新婦の金銭感覚で進んでいくということ。

だからと言って、新郎が新婦に対して、あれも高いこれも高いとだけ言っていると喧嘩になります(笑)そうゆうことではありません。

しっかり一緒に準備をしていって、結婚式のことを学んで、無駄なく最高の結婚式にしてほしいということです。

新郎としては、新婦に好きなようにやってほしいですよね。

それなら、新婦がやりたいことは任せて奮発し、新婦がそこまで意思のない部分を新郎が冷静に見つめてみてはいかがでしょうか。

7.結婚式は終わりでなくスタートということを忘れないこと。

一生に一度きりの結婚式だから奮発しよう!このように考える新郎新婦は多いです。 二人にとって一度きりの最高なイベントですし、ゲストにも楽しんでもらいたいですよね。奮発するのはとても良いことだと思います。

でも、奮発するのと、無駄遣いするのは違います。

カットできるものはカットし、お金をかけるところはかける。

高いなー… これも高いな… でも、そうゆうものだから仕方ないか! は無駄遣い。

高いけど、これはやりたいことだから納得!は奮発です。

お間違い無いように。

結婚式でお金がかかるのは終わりではありません。

この先のほうがお金はかかるのです。

新婚旅行に、新婚生活。

お引越しをする方も、家具や家電を買い換える方。お子さんがいらっしゃる方。これから産まれる予定の方。

結婚準備段階では、なんでもかんでも高いので金銭感覚が麻痺し始めます。

奮発は良いですが、無駄遣いをしてしまうなら、しっかり結婚式の後のことを考えましょう。

balloon-150713

まとめ

皆様が結婚式を挙げる時に頼るのは、ゼクシィの情報や式場のウェディングプランナーだけ。

ウェディングプランナーがいくら良い人でも、ビジネスです。

ウェディング関連の情報誌は、結婚式場等からの広告費で成り立っているビジネスです。(1ページの掲載で100万ほどの媒体もあります)

ビジネスであるからには、プランナーが率先して費用を安くしようとすることはないですし、ウェディング関連の雑誌やウェブサイトにもは、式場にとってマイナスになるような情報は書かれておりません。

”本当に無駄なく得をするような情報は見つけにくいということ。”

でもこの記事の内容を頭に入れておけば始めにお伝えした通り、50万は無駄な出費を削れるはずです。(よくわからなかった方は個別にご相談ください。ご相談は無料です。)

8つ目をあげるとしたら、8.式場見学や契約前にソンをしない為の正しい情報を集めておくこと。

全ての新郎新婦が、内容にも金銭的にも後悔のない 素晴らしい結婚式を挙げることを、心の底から願っております。

新郎新婦にとって無駄のない結婚式が増えるように、是非シェアしていただけると幸いです。

wedding song studio

ご相談・お問い合わせは問い合わせページor下記LINEからお気軽にご連絡ください。
※随時お得な情報をお送りしていきたいと思っているのでフォローだけでもどうぞ。

Add Friend

**************************
wedding song studio
**************************

ご相談・お問い合わせは  LINE や 問い合わせフォーム からお気軽にどうぞ
下記画像をクリックで追加可能です。追加後メッセージいただければご返信させていただきます。 ウェディングLINE
Pocket
LINEで送る